スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ネガティブは軽くなるチャンス、太陽と冥王星の180度

こんにちは、LUCY.PANです。

 

 

「あの人に比べて、なんで自分はこうなんだろう」

「あの人が羨ましい」

「あの人にはあれがあって、自分にはこれがない」

「自分は幸せじゃない」

「自分はここもダメ、これができない、あの人の方がまさってる」

「あの人はここもダメ、これができない、私の方がまさってる」

「あの人は結婚が決まったから人生が上手くいってる、私より幸せだ」

「あの人は仕事が決まらないから人生が上手くいってない、私のほうが幸せだ」

 

などなど、そんなネガティブな感情や思考になっている方、条件付きの幸せや比較、ジャッジメント思考で「他人軸」になってしまっている方、いらっしゃいますでしょうか。

 

大丈夫です。それ、「軽くなる」チャンスです。

 

 

現在、蟹座の太陽が山羊座の土星冥王星と180度を形成しています。

180度というのはそれぞれの天体のテーマが「他者によって引き出される」配置です。

 

もし今、ネガティブになっている方がいたら、それは他者によって引き出されているはずです。

友達、恋人、パートナー、家族、仕事、あらゆる人間関係、芸能人や著名人も含め、「あなた以外の人間」があなたの

コアビリーフを引き出しているわけです。多くの場合そこには比較と嫉妬というスイッチもあるでしょう。

 

「自分は愛されない」

「人間関係は上手くいかない」

「恋愛は上手くいかない」

「自分は誰にも評価されない」

「弱音を吐いてはいけない」

「泣いてはいけない」

「誰かに甘えたり頼ってはいけない」

「贅沢をしてはいけない」

「自分は魅力がない」

「自分を愛してはいけない」

 

などなど...山羊座の土星と冥王星で、蟹座の金星も絡んでいるので、こういったコアビリーフが主に引き出されるのではないかと思います。

 

「自分は正しい(あの人が間違っている)」

 

ということを他人に認めてもらいたくて仕方なくなるような影響も出てくるかもしれません。土星と冥王星のコンビは「自分で自分を褒めたり許してあげることができない」というブロックをもたらす天体だからです。

 

そんな時、他人に怒りが湧いたり、他人を否定したくなったりしたら要注意です。それはマウンティングになってしまうからです。

 

では、これらのコアビリーフがドドーッと引き出された時、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

現在土星は山羊座の18度、冥王星は山羊座の22度にあり、太陽は蟹座の20度を運行しています。

太陽は昨日7月14日に冥王星とぴったり180度を形成しました。

 

「他者によって自分のコアビリーフが引き出される」流れのピークが14日前後で、今がまさにその真っ最中ということですね。

 

 

太陽が蟹座ですので、今は「感じる」ことが大切(テーマ)です。

 

 

つまりネガティブな感情を許して感じ切ることが最も良い効果を生みます。

 

 

泣きたくなったのなら泣く

 

怒りたくなったのなら怒る

 

不安なら不安も感じ切る

 

弱音も吐く、甘えてもいい

 

嫌いなものは嫌いでいい

 

 

それが軽くなるためのコツです。ネガティブな感情や弱さは悪いものではなく人間が当然持っているものです。弱い自分や不安な自分もありのままに許しOKにできたら、それが本当の強さになります。

 

蟹座は「感情」を司っています。感情を溜め込んだり無理や否定や我慢をしていると、バケツいっぱいに水が溜まっているのと同じように、重くて動けない状態、新しい水が入れられすに濁った状態になってしまいます。しまいには「私のバケツがいっぱいなんだけど!!どうにかしてよ!」と他者に当たったり依存してしまうことになります。

自分のバケツは、自分で管理しましょう。

 

特に家庭環境や親子関係の中で「我慢」してきた人は、自分の感情をありのままに解放することが苦手な傾向があります。

 

この山羊座の土星+冥王星と蟹座の太陽の180度は、あなたに「我慢せずに解放していいですよ」ということを促してくれているわけです。

 

土星と冥王星の180度はまさしく「シャドウ」です。つまりあなたのネガティブな感情やコアビリーフを映し出す鏡だということです。

 

他人に怒りを感じた時、嫉みや不安や悲しみを感じた時、その原因が相手にあるのではなく自分自身の「コアビリーフ」にあるのだということに意識を向けてあげてください。

 

あなたが「自分のことを誰も信じてくれない」とか「自分のことを誰も認めて(見て)くれない」とか「自分は愛されない」といったコアビリーフを持っていると、仲の良い友人とちょっと意見が合わなかっただけでヒステリーを起こしたり(コアビリーフから、自分が裏切られたとか否定されたと感じる)、他人からちょっとでも褒めてもらえないと不安が襲ってきたりするということです。


また、冥王星的ジャッジメント思考で


「ネガティブ(陰)=ダメ、悪い、正しくない」


と判断してしまいがちな方が多いですが、


夜ベッドで眠ること


雨が降る日


お風呂でリラックスすること


木陰で一休みすること


これらも全て「陰」なんです。12星座の半分が女性星座、つまり陰でできていて、男性星座と女性星座が交互に並んでいることはその真理を簡単に説明してくれます。陰は宇宙のサイクル、人間のサイクルに絶対的に必要であって、あなた自身の半分を構成するものです。それを否定したり消そうとするとは、自己否定以外のなにものでもありません。つまりネガティブの否定=自己否定になるということです。苦しくなるメカニズムはこういうことです。



とにかく、これを機に、もしネガティブな感情が出てきたら、見て見ぬふりをするのではなく、それを許して感じきってみましょう。

 

そうするとバケツが軽くなり、蟹座が司る”感情”は安心して、自分のために動けるようになります。

 

蟹座の期間は7月23日の午前中まで。たっぷり感じてあげてください。これは次の獅子座の期間に向けて、自分軸をしっかり作り上げる、自己統合のプロセスでもあるのかもしません。

 

スポンサーサイト

コメント