スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

7/8~8/1水星逆行の隠れテーマ、壁を乗り越えた先にあるものは?

みなさんこんにちはLUCY.PANです。

 

今日は今回の水星逆行(7/8~8/1)の隠れテーマ的なものに触れてみたいと思います。

 

前回の記事でも書きましたが、天体が逆行する時に他の天体と合していた場合、逆行後の順行を経て再びその天体と合する時が最終的な影響や結果の現れになったりします。いわば「隠れテーマ」といった感じです。

 

今回の水星は獅子座で火星との合から逆行したので、逆行を経て再び水星が火星と合する時に今回の逆行の影響や結果が現れます。

水星が再び火星と合するのは、9月3日前後です。合の影響は天体が同じサインに入った時からじわじわとはじまりますので、8月の終わりからその影響が現れはじめるでしょう。

 

 

水星逆行が始まってから数日が経ちましたが、皆さんどんな影響を感じていらっしゃるでしょうか?

自分の感覚はもちろん、周りを見ていても「思考と意識の変換とアップデート」というテーマを強く感じます。

 

9月3日に起こる水星と火星の合は、「そのアップデートが何に繋がるのか、そのアップデートがどんな変化に繋がるのか」という隠れテーマを握っています。

 

今回の水星逆行は「目の前の壁を乗り越えるための準備」のために起きているわけですが、つまりこの隠れテーマというのは「その壁を乗り越えた先にあるものは...」ということですね。

 

 

水星と火星が再びピタリと合になる9月3日のホロスコープを見てみると、かなり特徴的な配置になってます。

土サインのグランドトライン、水サインのグランドトライン、柔軟宮のTスクエアという組み合わせです。

そして小惑星を含め風サインに1つも天体が無いという配置です。

そして小惑星を除けば山羊座の冥王星が20度台のシングルトンです。

 

 

今回は全体の様子を解説しながら、とりわけ目立っている柔軟宮のTスクエアに焦点を当て今回の水星逆行の先にあるもの、「隠れテーマ」を見ていきます。

 

 

水星が逆行から戻り、再び火星と合する頃には乙女座に移動しています。乙女座で水星・火星・太陽・金星が合です。

ここに山羊座の土星冥王星と牡牛座の天王星がグランドトライン。「自立と安定」という言葉が見えてくるような配置です。

「自分の才能を積極的に活かして、自然に安定した豊かさを受け取る」

 

という感じもします。「そんな人生になりたい!」と思っている方は今多いかもしれません。今回の水星逆行は、そんな現実に変えていくための準備というわけです。

 

このグランドトラインからは「がむしゃらに努力する」とか「我慢する」とか「無理をする」という言葉は見えてきません。つまり「自分の才能を積極的に活かして、自然に安定した豊かさを受け取る」ためにそれらは必要ないということです。必要なのはただ自分の能力(=やりがいを感じること、好きなこと、興味のあること)を中心にして知識を広め専門性を高め、それを積極的に活かして人々に提供していくこと。

 

今回の水星逆行でこれまでの習慣や思い込みを書き換え、自分を「アップデート」する行動ができれば、あなたが本来持っている価値が発揮され「カタチ」になり、安定した豊かさがもたらされる...といった感じでしょうか。もちろん土のサインなので実際の行動が伴っていなければこの恩恵を得ることはできません。今からどんどん「カタチ」にしていきましょう。

 

 

さて本題の、柔軟宮のTスクエアを見てみましょう。

 

 

 

もう1度解説しますと、水星が逆行から戻り、再び火星と合する頃にはサインは乙女座に移動しています。乙女座で水星・火星・太陽・金星が合。

そこに射手座の木星が90度、魚座の海王星が180度でTスクエアが形成されます。

 

今回の水星逆行を終えて「目の前の壁を越える」と「自由で広がりしかない世界」にたどり着けるようです。

 

この日のホロスコープの全体を見ていると、

 

「私は自分の夢を諦めずにこの人生で実現します」

 

という宣言が聞こえてきそうな配置です。ちょっとハイテンションになりそうな、手を広げすぎそうな配置でもあります。笑 でもそれが人生に拡大をもたらすんですね。

 

この水星逆行の期間で試行錯誤したおかげて、あれもやって、これもやって、と色々なことができる可能性が広がったみなさんの姿が見えるようです。リミット、つまり自分で自分にかけていた制限が外れるイメージです。

 

9月になる頃には、喜ばしい意味で、仕事が忙しい〜!っていう状況を迎えている人もいるかも多いかもしれませんね。

 

 

そして、Tスクエアといえば欠けた1点です。欠けた1点は「何にハングリーになるか(何に活動的になるか)」が分かるポイントですが、今回の柔軟宮のTスクエアの欠けた1点は双子座15度です。

 

 

 

双子座15度「2人のオランダ人の子供が自分たちの知識に興奮しながら話し合っている」

 

15度という度数はサイン30度中のちょうど中盤で、対向サインのテーマが入ってくるので「他者」とか「向き合う」「アピールする」というようなテーマが出てきます。

 

つまりこのTスクエアで「強化」されることは「コミュニケーションと発信と情報キャッチ」ですね。

自分の夢を実現していくために、やりたいことをどんどんやっていくために、様々な人とコミュニケーションをとったり、発信したり、情報をキャッチしにいくようなイメージです。

 

あの人はどんな考えを持ってる?あの人はどんな信念(哲学)で仕事をしている?あの人はどんな方法で夢を実現させた?

私はこう考えていて、これがやりたくて、こういう人間です。とにかく会話する。発信する。話す。

 

今回の水星逆行で目の前の壁を越えると、どうやらそのリミットが外れるようなんです。

 

「あの人の話を聞いてみたい、でも、、、」

「たくさんの人と話してみたい、でも、、、」

「発信してみたい、でも、、、」

「好きなことを仕事にしたい、でも、、、」

「あれもこれも知りたい、でも、、、」

 

こういった自分の好奇心に知らずのうちに制限をつけてしまったり、不安や自信の無さから「まいっか」「やめとこ」と踏みとどまってしまっている方、今回の水星逆行はそれを乗り越えるチャンスというわけです。

 

 

今、私たちが使ってる水星の情報量が1MBくらいだとしたら、1TBぐらいまで広げるくらいのイメージです。自分ではAとBしかアイディアが浮かばなくても、人に話すとCもDも出てくる。A +とかにもなる。

 

自分の可能性をもっともっと広げたい時、自分にとって最も楽しく、最大限に自分の才能と魅力を発揮できる方法(仕事、人間関係、生き方など...)が知りたい時。人との会話や情報のインプットがそれをスイスイと助けてくれるんですね。また、発信することでレスポンスが返ってきてどんどん拡大します。双子座(水星)⇄射手座(木星)の関係性ですね。

 

 

ということで、今回の水星逆行で自分の思い込みや思考をアップデートして「壁を乗り越える」と「自由な世界」に行けるようですよ〜!

 

簡単に「自由な世界」と表現してみましたが、「自由な世界」と言われた時に、あなたが想像した世界があなたが「体験したい世界」「実現したい自分」です。

ホロスコープでこの展開が用意されているということは、この流れに抗わなければ必ずそこに行けるということです。

 

水星の仕事はフレキシブルに動くことで、抵抗することではありません。

 

水星逆行が終わる8月1日まで今日から約3週間ほど。

 

火星との合からはじまった今回の水星逆行は、あなたを忙しくするかもしれません。

気づいたら8月1日までのスケジュールがみっちり埋まっている...!なんてこともあるかもしれませんね。

 

あなたが目の前の壁を越えるための準備としては、時間が足りないくらいなのかもしれません。

あなたの水星を好奇心のままに、自由にたくさん働かせてあげましょう。